MR-SKY’s diary

仕事と育児と日常と

電気製品の消費電力調べてみました~その1 ウォシュレット編

毎日暑い日が続いていますね。
こんなときは熱中症にならないように、部屋にいるときでもエアコンを必ずつけて、水分補給を忘れずにしてくださいね。


しかしエアコンをずっと使っていると、どうしても電気代がかかってしまって気になりますよね。そこで、エアコン以外の電気製品がどのくらい電力を消費しているのかを調べてみました。

1、測定方法
2、測定した電気製品
3、測定した結果
4、まとめ

1、測定方法

 使った機械は
  朝日電気株式会社が販売している 簡易型電力量表示器『エコキーパー』
です。使い方は簡単で、次の通りになります。
 ①測定する電気製品のプラグを本体右側にある出力コンセントに差し込む
 ②本製品の差し込むプラグを壁のコンセントに差し込む
 ③接続した電気製品の電源を入れる


2、測定した電気製品

今、私は賃貸のアパートに住んでいますので、普段日常生活で使っている電気製品が下記の通りです。

照明器具、掃除機、洗濯機、温水洗浄便座、扇風機、アイロン、テレビ、レコーダー、エアコン、トースター、コーヒーメーカー、ドライヤー、炊飯器、電気ケトル、空気清浄機。たまにホットプレートやミシンなど

3、測定した結果

次の電気製品は表示されてる消費電力量の通りに計測されました。

 掃除機、扇風機、アイロン、トースター、ドライヤー、電気ケトル、ホットプレート

しかし、これらはいつも電源を入れっぱなしということはなく、使い終わればその都度コンセントを抜くなり電源を切ったりしていますので、消し忘れに注意する事がダイレクトに節約に繋がってきます。

そこで、温水洗浄便座(ウォシュレット)に焦点を当てて調べてみました。
家で使用している温水洗浄便座のスペックは、次の通りです。
 メーカー TOSHIBA
 品番 SCS-T90
 2007年製
 温水 切、低、中、高
 便座 切、低、中、高
 脱臭 入、切
 水圧 4段階

 温水 低、便座 低 の時の消費電力量は 2W(ヒーター作動時合わせて57W)
 温水 中、便座 低 の時の消費電力量は 2W(ヒーター作動時250W)
 温水 高、便座 低 の時の消費電力量は 2W(ヒーター作動時410W)
 

 温水 低、便座 中 の時の消費電力量は 2W(ヒーター作動時45W)
 温水 低、便座 高 の時の消費電力量は 2W(ヒーター作動時56W)

洗浄時の水圧は、切り替えてもほとんど変化がなかった(5W前後)ため、それほど節電には影響が無いと思われます。

4、まとめ

温水洗浄便座で一番電気を消費するのは、洗浄水を温めるヒーターでした。しかし、それも一時的で洗浄水が温まりきると、設定に関わらず消費電力量が安定していました。違いは、便座とか洗浄水を再度温める回数が増えるほど、たくさんの電気を消費するということです。
夏場は外気温が高いため、それほど温度は下がりにくいと思いますが、気温が下がってくると、温める回数が増えるため電気がたくさん消費されるようになります。
便座の蓋を開けっぱなしにしておくと、それだけ無駄に電気が消費されます。今のうちから意識して、冬場の節電についても考えていきたいと思いました。
便座カバーとかが節電対策になるようでしたら、また購入して調べてみたいと思います。