MR-SKY’s diary

仕事と育児と日常と

まだ間に合う?!望遠ズームレンズの練習

この時期、あちこちで運動会が行われていますね。

親御さんやおじいちゃんおばあちゃんは子どもや孫の運動会でカメラにビデオで大忙しですね。


私も、昨年に姉が『カメラを買い換えるのでカメラを使う?』と言ってくれたので、もちろん二つ返事で『ありがとう!早速娘の運動会で使わせて貰う!どこのメーカー?うわー、Nikonや!ありがとう!年少さんの運動会ではデジカメで撮ってたけど、それならスマホでいいやん!って思ってた所だった!前から一眼レフカメラに興味が有ったけど、なかなか持つことが出来なくて。え?Wi-Fi機能があるの?それは…(以下略)』と。

まだ独身の時に、家電量販店での売場で、子どもの運動会のスナップ写真が貼られてたことがあって、L版いっぱいに子どもの笑顔が写っている写真を見たときに、いつか自分の子どもの写真を撮ってあげたいと思っていて、ついにその機会が私にも訪れました!
しかし、去年の年中さんでの運動会で初一眼レフカメラに挑戦したときは、スマホやビデオカメラに一眼レフカメラとあれこれ手を出して、結局どれも中途半端に終わってしまいました。

そんな中、先週再び姉から
『旦那が望遠レンズ余ってるらしいけど、使う?』
と言ってくれたので、早速頂いて試し撮りしました。

姉曰く、
『本当はメーカー純正のレンズを使いたいけど、高いからタムロンってメーカーのレンズを使ってる。でも画質も悪くないし、使い勝手も良いから気に入って使ってる』
と力説してたけど、いや本当に扱いやすくてとても気に入りました!(もちろんカメラもすごく気に入っています)

被写体を大きく写すには
①被写体に近づいて撮る
②望遠レンズでズーム撮影する
しかないのですが、運動会では保護者席とか決まっていますし、ズーム撮影するほかはありません。

しかし、私はどちらかと言えば説明書も読まないタイプで、ぶっつけ本番タイプですが、やはり『自分のこと』と『娘のこと』は違いますので、しっかりと練習する必要があります!

そこで、『広角ズームレンズ』と『望遠ズームレンズ』での写り方の違いは次のようになりました。
(絞り、感度、シャッター速度等は一切触らず。単純にズームの違いだけです)

まず、『広角ズームレンズ』の写真です。
タムロン製 SP 17-50mm F/2.8

f:id:MR-SKY:20190918184650j:plain
タムロン 17-50mm

17mmの場合

f:id:MR-SKY:20190918184801j:plain
近所の鉄塔 広角その①

50mmの場合

f:id:MR-SKY:20190918184926j:plain
近所の鉄塔 広角その②

次に、『望遠ズームレンズ』の写真です。
タムロン製 AF 18-200mm F/3.5-6.3

f:id:MR-SKY:20190918185003j:plain
タムロン 望遠ズームレンズ 18-200mm

18mmの場合

f:id:MR-SKY:20190918185057j:plain
望遠ズームレンズ その①

70mmの場合

f:id:MR-SKY:20190918185133j:plain
望遠ズームレンズ その②

200mmの場合

f:id:MR-SKY:20190918185207j:plain
望遠ズームレンズ その③

望遠レンズでズームすると、かなりのアップ写真が撮れました!

しかし、注意点として
①手ぶれに気を付ける
②拡大するため画質が粗めになる
③ズーム時は三脚を使用した方がいい
とアドバイスを貰いました。

来週末の年長さんでの運動会、いっぱい写真を撮りたいと思います!