MR-SKY’s diary

仕事と育児と日常と

私の会社にもついにイクボスが!

皆さん、イクボスって知っていますか?

私は、今日の昼に始めてその言葉を聞きました。

f:id:MR-SKY:20191016184447p:plain
イクボス始めました


イクボスとは、こんな内容です

イクボスとは
イクボスとは、職場で共に働く部下の仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)を応援しながら、組織の業績も結果を出しつつ、自らも仕事と生活を充実させている上司(経営者・管理職)のことです。

イクボス宣言とは
イクボス宣言とは、このようなイクボスになっていくことを会社の内外に広く宣言することであり、滋賀県は県内企業のイクボス宣言とイクボスへの取り組みを応援しています!

滋賀県ホームページより引用

ただ、滋賀県が初めてスタートしたわけではなくて、2013年に群馬県で行われた『イクボス養成塾』が言葉の発祥だと言われていますし、自治体では大阪市が最初にこの取り組みをスタートしたとのことです。

なぜこのような取り組みが始められるようになったとか、関連する法律とかなどについてはここでは割愛させていただきますが、いままでは『男は仕事して女は家のことをする』が当たり前であり、私もそのような考え方でした。
しかしいざ育児となるとどうしても人の手が必要になります。そのときも今までは家族に無理をさせていました。
それが、改善されると言うことです!
例えば、急に家族が体調を崩したとき等も今までは欠勤となっていたのが、私の会社では前日に申請すれば有給休暇として認められると言うことです。

昔はおじいちゃんおばあちゃんと同居していたり、近所に親戚がいたりと何かと困ったときには助けてくれる人が身近にいたので急な病気とかにも対応出来ていたのだと思います。

しかし、今の時代は私もそうですが結婚して所帯を持っているほとんどが核家族であり、その結果子供が体調不良になったときは親が看病することになります。
当たり前のことと言えば当たり前のことですが、私の場合は妻が専業主婦のため、その負担が激増することになります。

そんなときに会社を有給休暇で休めて家の事が当たり前に出来るようになるのは本当に助かります。
もっとも、その分仕事に支障が出てくるのですが、、、

また、今は『育児休暇』のことが主に取り上げられていますが、これからは『親の介護』『パートナーの鬱や病気など』の問題も必ず出てくると思います。

会社はこのように宣言しています!

f:id:MR-SKY:20191016185325p:plain
会社も家庭もよい方向に!

なかなか仕事と家庭を上手く両立させるのも大変だと思いますが。

それでも、少しでも育児や介護に携わっている人々の負担が減るようになればと思います。