MR-SKY’s diary

仕事と育児と日常と

靴下で親指外側がよく破れる その原因と対処法とは

皆さんは、どのような靴下をはいていますか?

私は、五本指の靴下を愛用しています。
以前は無印良品でセットでいくらのを購入していましたが、よく行く店舗に在庫が無かったりで最近はGUで購入しています。


五本指の靴下を履くメリットとしましては、次のような事があります。
①自然な足指の形で靴下を履くことができるので、足指に負担が掛かりにくい
②水虫対策になる
③足指の先を圧迫しないので、爪先まで血流が保たれやすくなる


ところが、先週に引き続き今週も靴下が破れてしまいました。
破れる場所はいつも決まって『親指の外側』もしくは『かかと後ろ』です。

f:id:MR-SKY:20191122223518j:plain
布の間からコンニチハ!


なぜ、いつも同じところが破れるか気になったので、自分なりに調べてみました。
(注意)私は医者でもありませんし、学者でもありませんので、あくまで自己経験則からの記事になります


可能性として考えられるのは、大体次のような事があげられます。

1、靴下の生地の劣化

いつも靴下を買うときは、まとめて6~10足を買います。その中でローテーションしていますが、確かに購入したのは5月の連休だったため、もう半年近く経過しています。
買い換えの時期が過ぎていたのかもしれません

2、足の変形(外反母趾とかタコ、魚の目等)

外反母趾とは

外反母趾とは、足の親指(母趾)が人差し指(第2指)を圧迫するように「くの字状」に曲がり、痛みや関節の脱臼などを引き起こす足の病気です。

f:id:MR-SKY:20191122224010j:plain
外反母趾の説明 メディカルノート 須田先生の記事を引用

タコとは

魚の目・たこは、圧迫や摩擦刺激に対する皮ふの防御反応です。
特定の部分に圧力がかかり、皮ふが刺激されると、角質が厚く硬くなります。サイズの合わない靴を履いたりすることでなることが多いようです。
引用 ニチバンホームページより
speel.jp

私の場合はこんな感じです。

f:id:MR-SKY:20191122224859j:plain
ミニにタコ おっと、禁句ですかね
特に固くなった皮膚に『芯』となるものが有りません。
よって、私の場合は『タコ』だと考えられます

3、靴の内側の生地が劣化し、そこに擦られる

靴は主に仕事では安全靴を履いていますが、夏に新調したので、擦られた可能性は低いと思います。
その場合でしたら、毎回履く毎に痛みとか違和感が出てくると思います。

4、歩き方が悪い

私は、『O脚』です。くるぶしを合わせて膝の間隔を測ると、五センチ位あります。
そのため、歩き方に癖が出てきて、それを庇おうとすることにより指先(私の場合は
親指外側)に負担がかかっている可能性があります。
☆病院とかで診察していませんので、あくまでも仮定です。

ニチバンホームページにも次のようなことが書かれていました。

f:id:MR-SKY:20191122225102p:plain
足の親指裏側のタコの原因 ニチバンホームページより引用

つまり、対策としては
①尿素が多く含まれている薬品を用いて固くなった皮膚を柔らかくする
保湿剤とかでふやかす、もしくは軽石とかで少し削り取る
②歩く姿勢が悪いため、正しい歩行姿勢を普段から意識する
姿勢が悪いと、結果として肩こりや血行障害、関節の炎症など健康被害が生じてきます。下半身が老化すると頭も老化していきます。
心身ともに少しでも健康でいられるように、普段から出来ることをしていくようにする
③履きやすいからと靴紐を緩めにしているのを、硬く結ぶようにする
これも意外と大切な事ですね。
靴がしっかりと履けていなかったり、緩かったりすれば歩いている途中に急に脱げたりすることも有ります。
水たまりとか溝を跨ごうとしたときに靴が脱げそうになって危ない目に会ったことも何回もあります。
自己管理の一環として、靴の脱ぎ履きもしっかりと意識することがダンディズム?
少しでも、子どもの手本になれるように気を付けたいですね。