MR-SKY’s diary

仕事と育児と日常と

佐和山城跡に登ってきました

皆さんは『佐和山城』をご存知ですか?

歴史に詳しい方なら知っている方も多いかと思います。

有名な石田三成の言葉では、次の台詞が有ります。

『治部少(三成)に過ぎたるものが二つあり 島の左近と佐和山の城』

その佐和山城とは、どんなお城かと言いますと

佐和山城はどんな城?

ざっくり説明しますと
①佐和山城は、交通の要衝に築かれた城で、鎌倉時代の建久年間に佐保時綱によって築かれた

②天正18年、石田三成が約19万石を領して城主となった。 三成は、改めて城と城下町の整備を行ったが、慶長5年の関ヶ原の合戦に敗れ、居城佐和山城も東軍に攻められ落城した。

③関ヶ原の戦の後、彦根城の築城の際に資材を彦根城や近隣のお寺の建立に使用したため廃城となった。

詳しくは、下記のリンクより検索をお願いします。
ja.m.wikipedia.org

他の特徴としましては
④山城であり、佐和山の標高は232m

ん?標高232m?
大人なら楽勝じゃん!

と言うわけで登ってきました!

佐和山城跡の登山

登山の登り口は2カ所有ります
①西側の龍潭寺から
②東側の国道8号線から

国道8号線からの登り口は、駐車場が無いとのことだったため、龍潭寺側から登りました。

いざ出発!
f:id:MR-SKY:20200119095633j:plain

入ってすぐに有る石田三成公の像を眺めて戦国時代のロマンに胸を躍らせます。
f:id:MR-SKY:20200119095848j:plain

この様な門をくぐるときには少し緊張します。
f:id:MR-SKY:20200119100015j:plain

山道を登り
f:id:MR-SKY:20200119100216j:plain

野生の猿が出ることも?
f:id:MR-SKY:20200119100331j:plain

スズメバチにも注意!
f:id:MR-SKY:20200119100427j:plain

そして本丸跡に到着!
f:id:MR-SKY:20200119100537j:plain

山頂からの眺めは、『彦根八景』にも選ばれています
f:id:MR-SKY:20200119100629j:plain
山頂からの見渡す彦根市街地、彦根城また琵琶湖や鈴鹿山脈、琵琶湖の向こうに見える比良山脈等の景色は絶景でした。

(甲冑の重さ+登山)× 運動不足=?

戦国時代の武将が身に付けていた甲冑等の重さは、諸説ありますが約20~30kgだと言われています。
ん?その重さはどこかで見たような?

そうです。
ドラゴンボールで悟空とクリリンがこんな修行をしていたのを思い出しました。
f:id:MR-SKY:20200119173617j:plain

私も戦国武将の勇姿を一部再現しようとリュックサックにペットボトル等の飲み物で重り代わりにして山に登りました!
さてどのような化学反応が起きたでしょうか?

はい。登る途中で半分も行かない内に後悔することになりました。
たとえ登りやすいと言ってもそこは登山。足をパンパンにしながらヒイヒイ言って登り切りました。

まとめ

山頂から登り口までは、約1,000mです。
私が少し早歩きで行ったのですが、往復で約30分ほど。歩数計で約1,400歩位でした。

f:id:MR-SKY:20200119101048j:plain
f:id:MR-SKY:20200119101118j:plain

普段、彦根城を見上げることはあっても見下ろすことは中々ありません。
近くにも見所満載の神社仏閣も数多く有ります。
彦根と言えば
『彦根城』『ひこにゃん』
等が有名ですが、近くに来られた時には是非『佐和山城跡』に行くことも検討されたらいかかでしょうか?

他の滋賀県及び彦根観光スポットにつきましては、ぼちぼち更新していきます。