MR-SKY’s diary

仕事と育児と日常と

私の人生観で響く野村監督の5つの名言

昨日は、野村克也さんがお亡くなりになられました。享年84歳でした。慎んでお悔やみ申し上げるます。


私は、野村監督の選手時代の事は全く知りません。しかし、監督になられてからとかテレビによく出られるようになってからはよく知っています。
いつも『ぼやき節』等と言われていましたが、確かにキツい言い方や叱り方もありました。でも、聞いていても嫌味に聞こえたりはしませんでした。

今、本屋さんとかネットには多くの野村監督名言集が有ります。

しかし、その中でいくつ知っていますか?

私も知らない名言が沢山有りますが、それでも次の5つはいつでも口に出して言うことが出来ます。
それくらい、私の中で響かされた言葉でした。

野村監督名言その①

「どうするか」を考えない人に「どうなるか」は見えない。
よく、子どもと遊んでいると、その時はわかることがあります。例えば、
・コップ一杯にジュースを入れて運ぶ→溢す
・両手一杯に荷物を抱える→ドアが開けられない
等です。今まで経験したことが有るから分けて運べば良いとか量を少なくすれば良いとか考えられますが、まだ失敗途上の子どもには、やること全てが経験になります。その時の注意の仕方も考えながら、共に成長したいと思います。
問題は大人の場合ですね。よく『何でそうなるのがわからないの?』って思うことがあります。車の運転で、まだ飲酒運転してる人もいますし、謝罪会見などでも感じたりします。
ゲーム脳が問題?ゆとり教育?
いやいや、環境によるものが大きいと思います。
常日頃から考える毎を意識する必要が有ります。
子どものやる事に大人が口出ししすぎないように、しかし放置する事無く見守ることが大切ですね。

野村監督名言その②

「”もう”は”まだ”、”まだ”は”もう”」
この言葉は、私の人生名言10選に入ります。
『もうダメだ』と思ったときでも、落ち着いて周りを見渡すと他の解決方法もあるかも知れません。
『私はもう45歳だし、何も出来ないや』なんて思っていても、まだまだチャレンジ出来ることは沢山有ります。
逆に、『まだ大丈夫、何とかなるさ』なんてのんびり構えていると、時分だけが周りから取り残されたりします。
『まだいける!』なんて考えているときは、周りが見えていないのかも知れません。
何でもかんでも”まだいける”といるわけでは無いですが、良い意味で諦めること無く、またダメなときは切り替える柔軟さと強さが必要ですね。

野村監督名言その③

不器用な人間は苦労するけど、徹してやれば器用な人間より不器用な方が、最後は勝つよ。
この言葉も深いですね。
1番のポイントは『最後は勝つよ』です。
最後まで諦めずに努力して続ければ、いつかは花が開くと言うことです。それがいつ開くかわからないので、その過程では不安にもなるし諦めたくもなります。
不器用な人は、失敗することも多くなりますし、時間もかかります。器用な人は、それこそサッとこなすでしょう。
でも、思い出して下さい。例えばテスト勉強で、一夜漬けしたことはほとんど覚えてないですよね?何回も反復練習して覚えたことは今でも覚えていますよね?
苦労して身に付けたことは、その人の力になります。その苦労する方向性を間違わないように、まずはどうしたいかを考えることが大切ですね。

野村監督名言その④

勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし
この言葉も、私の大好きな言葉です。
私の人生名言10選に入ります。
負けるときは、大体考えずに行動したか、もしくは考えが足らない事が多いと思います。私の場合もそうです。
勝つときは、しっかりと勉強して知識を身に付け、いくつもの可能性を熟慮して、油断すること無く驕ることも無く、いつものように行動した後、目に見えない何か(運とか偶然等)に後押しされる結果なのです。
勝つか負けるかが半々だとすると、少しでも勝つ可能性を高めるために頭を鍛えて、尚且つ体も鍛えることを常日頃から意識する事が大切ですね。
負けたときは多いに反省する事も大切ですが、勝ったときは偶然なんだと一喜一憂せずに落ち着いて行動できればこれから変わってくるのかなと思います。
いわゆる『平常心』ですね。

野村監督名言その⑤

金は追うものではなく、ついてくるもの
働くことの第1の目的は、お金を稼ぐ事です。大金持ちで生活に困ること無く好きなことが出来て暮らせるのなら話が別ですが、そのような方はほとんどいません。
『日給〇〇円しか貰ってないからこれだけしかしない』とか『自分には才能が無いからこれしか出来ない』等と愚痴を言うのではなくて、まずはがむしゃらに頑張ることで周りとの関係も変わるかも知れませんし、また新しい道が開けることもあります。
まずはやる!話はそれからですね。

私は、直接野村監督に教わったことはありません。しかし、野村監督の言葉を少しでも心に残していこうと思います。

※こうして私の好きな名言を並べると、なにか偏りがあるような…
例えるなら、努力・頑張り系と勝負事系。
この機会に、その他の野村監督名言を熟読して少しでも取り入れたいと思いました。