MR-SKY’s diary

仕事と育児と日常と

はてなブログでアドセンス再挑戦する事を決めました

ありのまま起こった事を話すぜ!

先月、スマートフォンが故障したことにより、買い替えました。
そして、急な引き継ぎだったためにデータ移行も覚えている範囲でしか行えませんでした。

そんな中、はてなブログを再びブックマークして、アドセンスの確認を行うと···



f:id:MR-SKY:20200501185426p:plain
な、何が起こったんだ……

いったい何を言ってるのかわからないと思いますが、こういうことです!

f:id:MR-SKY:20190824094351p:plain
合格したのに・・・
昨年夏に、アドセンスは合格していたのです。
しばらくの間は落ち込んでいました。
価値の低い(付加価値のない)コンテンツだとはっきり言われましたからね。
しかし、こうなってしまっては選択肢は限られてきます。

なぜ、再び『はてなブログ』でアドセンスを合格しようとしたのかをまとめました。

私の選択肢

ブログ始めて約8ヶ月。最近は更新も少なくなっていましたが、新しいスマートフォンでログインした矢先のアドセンス喪失??
グーグルサーチコンソールやグーグルアナリティクスはログイン出来ます。なぜ??
ネットで調べても、解決策は出てこず。
収益が週○○ドル以上有ればGoogleサポートを受ける事が出きるみたいなのですが、私には無理な話で···

この時、私には次の選択肢がありました。

はてなブログからワードプレスに乗り換える

はてなブログを始めてしばらくするとワードプレスに移行される方をお見受けします。
私もワードプレスに移行することを考えた事も有ります。
しかし、新しくサーバーを契約しなくてはいけませんし、どちらにしてもアドセンスは再度取得する必要が有ります。

はてなブログで成功→ワードプレスに移行
ならわかります。ステップアップですね。
しかし、そもそもはてなブログで『凄くアクセスを集めた』とか『アドセンスで収益が出た』とかしていない私が移行して、上手く行くのか?
今回は移行するのを辞めました。

ブログを辞める

ブログから離れることも考えました。
しかし、更新を休んでいても、『これは記事になるのかな』とか『これを試してみよう』等と思い付いた事をスマホメモに書き込む自分がいる事に気付き···
ブログを続けることにしました。

はてなブログを続ける

なんだかんだ言って、ブログのカスタムも少しずつ勉強始めたし、もう少し頑張れば読者も100人越えそうなんだよね。
無料版にするのも考えたけど、今のスタイルでブログを続けていこうと思います。

改めてアドセンス取得に向けて行ったこと

今回、他のアドセンスIDでの申請になるため、新たに申請用の記事を作成する必要が有ります。

記事を全て下書きに戻す

記事の内容がどうであれ、記事数が130を越えていたので、1つ1つを
編集→下書き
に戻しました。。
本当に拙い文章も有りましたが、おかげで今までの足跡を振り返る事が出来ました。
一括削除は出来なかったです。
なんか、受験が終わった後の参考書を読み返している感覚でした。
皆さんは、書いた記事を読み返したこと有りますか?
特に初期の頃の記事を読み返すと、初々しい気持ちになりますよ。

貼り付けている広告の削除

広告はアドセンスしかありませんので、貼り付けているコードを削除しました。

はてなブログで続けようと思った理由

結構、ブログ始めて半年から1年でワードプレスに移行する人が多いんだよね。
それは全然良いと思いますよ。
自分でやろうとしているのですから、応援するしかないですよね。

しかし、なぜ私がはてなブログで続けようと思ったのか、最大の理由は

『勘』

です。

は?何それ?

いや、単純にはてなブログのこれからに期待したところが大いにあります。

昨年春に、はてなブログとはてなダイアリーが統合されました。
また、アフィリエイトや操作方法などで、少しずつ今の時代に沿った内容に変更されています。
色々と運営者も試行錯誤されて頑張っておられます。

今はブログはオワコンと言われるようになりましたが、まだまだチャンスは有ると感じました。

ひょっとすれば、はてなブログがグンと伸びるかもと思ったりもしました。
そこが、私が感じた 勘 のところです。

もっとも、そのチャンスを掴めるかどうかは結局のところ本人次第ですが。

とにかく、少しでも早くグーグル先生から『価値の有るコンテンツ』と言われたいです。

これからも、よろしくお願いします。

最後にこれだけは伝えたい!!

機器の急な故障に備えて、アドセンスにログインする手段を、スマートフォン以外にもPCとかタブレットなどからログインできるようにする必要性を感じました。
一つだけに集約すると、管理は楽になりますが、もしもの時が大変なことになりますので、皆様もお気を付けください。